ホームジムを始めて半年!ホームジムのメリット・デメリットをまとめてみる。

 

 

 

おはようございます。ユースケです。

 

 

ぼくは筋トレ歴約3年。

 

今までジムに通っていたけど半年ほど前からホームジムに切り替えた。

 

 

 

f:id:yuttan4:20200627073316j:plain



 

快適なホームジムライフを送っております。

 

ホームジムにして半年のホームトレーニーのぼくがホームジムのメリット・デメリットをお伝えしよう。

 

 レッツゴー。

 

 

 

ホームジムのメリット

 

 

 

ジムに筋トレしに行ったことある人はわかると思うけど、時間帯によってはすごく混むよね。

特に仕事終わりの夕方から夜にかけてとか、ジムがオープンしてすぐの朝イチとかもおじーおおばーでごった返す。

 

ジムが混み合うと自分の使いたい器具がなかなか空かないなんてしょっちゅうある。

 

例えば胸のトレーニングの日はベンチプレスから始めたいのに混み合っていてなかなかトレーニングを始められない。

 

とか。

 

締めにケーブルで追い込みたいのにケーブルが学生で占領されてやがるとか。

 

仮に無事器具が空いたとしても、順番待ちの時間でトレーニングの時間が無駄に伸びたり自分のトレーニングの予定通りいかないなんてことよくありますよね。

 

 

 

、、、パンプが冷めちまう。

 

 

はい。

 

ホームジムならそんな心配ございません!

 

 

ホームジムであれば誰にも邪魔されず完全自分のペースでとトレーニングできますから。

 

自分だけの空間で自分だけの器具やアイテムでトレーニング。

完全オリジナル。

 

他にお客さんもいないし、混雑で器具が空かないなんてこともない。(自宅だから当たり前だけどw)

 

スムーズにトレーニングができるし、時間かけたいときはじっくり。

テンポ良くこなしたいときはガンガン自分だけのホームジムで!!!

 

 

 

 

 

これはかなりホームジムの強み。

 

いつでも自分の好きな時にトレーニングができる。

 

例えば、その日は午前中から予定が詰まってるなんて日も朝ちょいと早く起きて朝の6〜7時からトレーニングしちゃうなんてのもアリ。

24時間営業のジムなら早朝だろうが深夜だろうが関係ないが、ちょい田舎の市営ジムとかなら午前9時とか10時にオープンするところも多い。

 

ホームジムならオープン時間なんて気にせず、もしくは夜遅い時間帯のジムがクローズしてる時間であろうと好きな時に、トレーニングしたいと思った時にすぐ始められる。

 

そして車や徒歩の移動時間と労力が一切かからないので、トレーニングのモチベーションを余計なものに削がれずにスムーズにトレーニングに入ることができる。

 

これはホームジム最大の利点かもしれない。

 

自分がトレーニングしたいと思った時にすぐにトレーニングを始められる。

 

 

 

  • ジムの営業時間や休館日に左右されない

 

年中無休24時間営業のジムも増えてきたけど地方にはなかなかそういったジムはまだ少ない。

市営ジムのようなところは休館日があるようなところがほとんどだと思う。

 

レーニングのルーティンがある中にもそれぞれプライベートで予定があったりすると思うけど、トレーニングしておきたい日がジムの休館日とかぶったらやっかい。

 

結構ガッチリトレーニングしている人だと1日トレーニングがズレ込むって割と痛手。

 

更に今世界的に大流行してるコロナウイルスの影響でジムがクローズして満足にトレーニングができなかったトレーニーもかなりいただろう。

今はジムも再開してる所がほとんどなのかな?

 

これもホームジムなら心配なっすいん。

 

コロナだろうが休館日だろうが自粛期間だろうがいつもと変わらず家でトレーニングできる。

 

ぼくは自粛期間もホームジムで最強のおうち時間を過ごした。

 

 

 

  • 器具・アイテムを自分好みに揃えていくのが楽しい

 

 

これは男ならでは。

 

コツコツと自分だけの秘密基地を作ってるイメージw

 

 

ぼくのホームジムには、

 

インクラインベンチ

・片方最大30キロまで取り付けられる可変式ダンベ

・懸垂バー

・アブローラー(腹筋ローラー)

・プッシュアップバー

 

がある。

 

懸垂バーは今日届いて組み立てたばかり照

 

ぼくは今のところこれで十分だと思ってるからしばらくこれで行こうかなと思ってる。

 

これが人によってはベンチプレスやパワーラックを買い足したり、

逆に自重で鍛えたい人なんかはアブローラーとプッシュアップバーだけで十分だって人もいるだろう。

 

 

ちなみに今回ぼくが買い足した懸垂バーだけでも全身鍛えられる。

 

 

 

f:id:yuttan4:20200628230950j:plain

 

 

このアイテムについては今度記事にする。

 

 

それぞれの予算、自重メインなのかウエイトも使っていくのかのトレーニングのスタイル。

部屋のスペース、ただただ自分の欲しいアイテムを集めるのもアリ。

 

自分の理想のホームジムに向け少しずつアイテムを揃えていくのもホームジムの面白いところだ。

 

 

 

ホームジムのデメリット

 

 

続いてデメリットもいっとこう。

 

 

 

  • モチベーションが上がらない時がある

 

 

家でいつでもトレーニングができるってのは最高だけど、

ジムウエアに着替えてジムという空間でトレーニングすることはかなりテンションが上がる。

かっこいいbgmにいろいろなマシン。自分以外に頑張っている人がたくさんいるのもかなり刺激になる。

これからトレーニングするというトレーニングモードにスイッチを切り替えるのもジムトレなら自然と出来る。

 

ホームジムの場合、これが少し難しい時もある。

 

 

なんせ家。

 

 

くつろぐためのアイテムや誘惑がまあそこそこある。

 

ぼくの部屋はほぼほぼトレーニング部屋と化しているけど、隣のリビングにはテレビもソファもあるし寝室にはフッカフカベットもある。

家だからまあ当たり前なんだけどw

 

部屋着でメガネでソファに座って過ごしてたりしたらなかなかトレーニングへ移る気分にならない時がある。

 

ジムへいけばトレーニングに100%集中出来る環境が整っているが、ホームジムと言えどもやはりジムには敵わない。

 

 

ぼくは部屋着のままトレーニングするんじゃなくトレーニングウェアに着替えて、かっこいいbgmを流し、bcaa(サプリメント)を飲んでいるといい感じにトレーニングモードへ入っていくことが出来る。

 

 

 

  • ある程度のスペースが必要

 

 

自重メインでプッシュアップバーやアブローラーなどのスペースを取らないアイテムしか置かない人は少ないスペースで済むけど、ベンチや懸垂バーを置くことを考えてるならある程度スペースは必要。

ベンチプレス、パワーラックを置くとしたらもっと広いスペースが必要になってくる。

 

 

 

f:id:yuttan4:20200629000553j:plain

ぼくの部屋は3分の1がトレーニングスペースで埋まってる。

 

 

1Kの部屋に住んでる人なんかは少し工夫したりアイテムを選ばないとベンチなどの大きめのアイテムは厳しいかもしれない。

 

 

  • 初期費用がかかる

 

 

ホームジムの器具・アイテムを買い揃えるにあたって当然かかってくるのがお金。

 

参考までにぼくの例をざっくり紹介。

 

・片30キロ可変式ダンベル×2   18000円

インクラインベンチ      10000円

・懸垂バー           15000円

・ジョイントマット6枚1セット×4  2500円

 

合計              45500円

 

 

 

ぼくの場合約50000円かかってる。

 

 

これは今まで筋トレをしてなくてこれから始めようとしてる人の初期費用にしてみたらちょっと高い。

 

 

 

だけど考えてみてほしい。

 

 

もし会員制の大手ジム(JOYFITやエニタイム)へいくと月に8000円ほどはかかる。

ぼくのホームジムの例だと約50000円かかっているけど、単純計算で半年ほどで元が取れる計算になる。

 

ずっとトレーニングを続けていくつもりなら、50000円でずっと自分だけのジムでトレーニングが出来ると考えたら安いんじゃないか。(器具が壊れさえしなければ)

 

それに一気に買い揃える必要はない。

 

ダンベルだけ先に買ったっていいし、懸垂バーを先に買ったっていい。

自分の財布と相談しながら少しづつ買い揃えていくのもまた楽しい。

 

 

 

、、、と文字を書き進めているとこれはデメリットじゃない気もしてきたw

 

 

 

 

 まとめ

 

 

ぼくはホームジムでトレーニングをやり始めてまだまだ半年だけど、ホームジムに切り替えて良かったと思ってる。

 

いつでも好きな時に自分のペースでトレーニングできるし、今回のコロナウイルスの影響を一切受けずにトレーニングを続けることが出来た。

コロナの影響でホームジムに切り替えた、または興味を持った人は結構いるんじゃないかな?

 

 

個人的にはホームジムメインで鍛えてたまーにジムへ行って違う刺激を感じるのがいいんじゃないかなと思ってる。