【スクープジャケット購入】1つで2役。スノーボードにアウトドアウェアの選択肢も大アリだと思う。

f:id:yuttan4:20201117215128j:plain

 

ヤーマン!

どもっ。ユースケ (@my10kid) | Twitterです。

 

寒くなってきましたねー。

北海道は山はうっすらと白くなってきてます♪

日中になるとかなり溶けますが。

 

アイムスノーボーダーなので雪がどっさりと降るのを心待ちにウズウズする時期ですね。笑

 

さーてもうすぐシーズンインって事で先日、スノーボードウェアを上だけ新調しました。

今までのウェア、かれこれ8年ほど着てきたので新しくしようと。

 

ネットで購入も考えたんですがスノーボードウェアって頻繁に買い換えるものじゃないし、動きやすさ、サイズ感もしっかり確かめたかったので実際に店舗を周って探す事にしました。

 

 

アウトドアウェアの選択肢もアリ!

 

いくつか店舗まわりました。

 

そしてふらっと立ち寄ったモンベルを見てた時、ボードウェアではないけど「スキーなどのウィンタースポーツ対応」って書いてる商品をいくつか目にしました。

確かに防水性があって風も通さないウェアなら全然スノーボードでもいけるし、あとは動きやすささえ確認できれば。。。

 

こりゃアウトドアウェアもアリだべ。と。

 

スノーボード専用ウェアで探してましたが、アウトドアウェアで探す方向に切り替え!

 

実際にデザインもスノーボードウェアよりもシンプルで落ち着いた物も多いし、スノーボードにアウトドアブランド持ってくるのはイカしすぎ、これ熱いんじゃね?と一人で高ぶってました。笑

 

  

ノースフェイスのスクープジャケットを購入!

 

結果店舗で探して正解!

今回、ウェアはゼビオスポーツで購入しました。

 

 NorthFaceのスクープジャケット。

 

f:id:yuttan4:20201116052104j:plain

 

f:id:yuttan4:20201116052032j:plain

 

なまら渋い。

ベージュをチョイス。

 

お値段は3万ちょい。

 

防水機能についてはノースフェイス独自開発の「ハイベント」が採用されてます。

ゴアテックスに比べると性能はやや劣るけど、その分価格が抑えられてる。

 

 

チェックすべきポイント

 

防水機能はもちろん、スノーボードにアウトドアウェアをチョイスする上でチェックしておきたいポイントをいくつか。

 

まず手首の所が調節可能かって所。

 

f:id:yuttan4:20201116052145j:plain

 

スクープジャケットはマジックで調節可能。

スノーボードは雪を楽しむスポーツ。

当然転ぶこともあるし、パウダーを攻めりゃ雪が舞う。

 

手首のところをギュッと閉めれば雪の侵入を防ぐことができます。

街で着るだけならば気にしないけどスノーボードウェアに持ってくるなら大事なポイント。

 

 

次にスノーカフがついているかどうか。

 

f:id:yuttan4:20201116052235j:plain

 

こちらも雪の侵入を防ぐもの。

ぼくはパウダーが大好きだからここは大事なポイントです。

スノーカフが付いてないと転んだ時に背中に雪が入ってきた。。。なんてこともあるのでぼく的には必須かな。

あると安心です。

 

 

最後にベンチレーション用のファスナーがついてるかどうか。

これ結構大事かも。

 

f:id:yuttan4:20201117213716j:plain

 

雪山ってもちろん寒いんですけど滑ってるうちに結構暑くなるんですよ。

登山とかもそうですよね。

 

そんな時にこの脇下のチャックを開けてやればかなり涼しくなります。

街で着るだけならいらないけどスノボーするならここもチェックしておきたい所。

 

 

1つで2役が最高にミニマム。

 

最近ぼく、物増やしたくないんですよ。

多くの物を抱えたくない。

 

その場面でしか使えないものより、ここでも使えてこっちでも使える。

1つで2役、3役いけちゃう物が最高にミニマム。

それもほんとお気に入りのものをヘビロテしたい。

 

スノーボードウェアって基本的にはスノーボードの時にしか着ないもの。(ぼくは冬の登山なんかでたまにきてたけど)

 それってなんだかもったいないなって思いもあり、今回街でもいけちゃうノースフェイスのスクープジャケットを買いました。

 

お気に入りのウェアで雪山から街までいけて、春、秋のアウターとしても使えるなんてかなり守備範囲広め。しかもお気に入りのカラーとデザイン。

 

この冬、スノーボードウェアを探しているなら、街でもいけるアウトドアブランドのウェアの選択肢もアリかもよ♪

マジで渋いっす。

 

 

こちらもどうぞ↓

 

www.natulaugh.com

www.natulaugh.com

www.natulaugh.com